メディア特化型動画クリエイティブの最先端

日々多くのメディアプロダクトが生まれ、アドテクノロジーにより広告形態が多様化し、今後ますます動画は需要が生まれます。ソフトとハードの進化によって、小さな制作会社でも強いクリエイティブを生産できる状況が整いつつある中で生き残るのは、需要にいち早く反応し、柔軟なサービス形態を持つ企業になっていくことでしょう。

しかし、アクラはただ需要の波に乗るだけでは、不十分と考えます。常に変化し続けるメディアビジネスを常に俯瞰し、様々な形態のメディアに合わせてクリエイティブを設計、制作、運用し、成果をあげ続けることで時代を切り拓いていくことこそが、価値の創造につながると信じています。これは年間700本以上の検証を通して得たノウハウと「パートナー」であるクライアント様のクリエイティブの運用成果からくる自負のようなものです。

アクラはパートナー様の利益を最優先に考えることが、弊社の利益につながることを知っています。パートナー様が成果を上げ続けることが、アクラの企業としての価値を高め、多様なノウハウの蓄積に繋がります。アクラは代表取締役が個人事業主の時代から「パートナーを支える覚悟」を持ち、クリエイティブの設計、制作を全うし、運用によって成果を上げることを目標とし続けてきました。それはこれからも変わりません。

アクラは〈メディア×動画〉市場のクリエイティブにおいて圧倒的な検証量を持ち、【メディアの資産価値の創造】【広告効果の最大化】において日本一のクリエイティブノウハウを持つことを自負します。今後もメディアビジネスに密接に携わり、さらなる進化を遂げられるよう、弊社スタッフ一同邁進してまいります。