Aftereffectsのカメラ機能【応用編】

 

リアルっぽさはクオリティを高く見せやすいと言うのは僕の持論で、カメラ機能は確実にその一役を担っています。

昨今一眼カメラで撮影するプロモーションビデオが主流になってきていますが、その理由は安価にシネマカメラっぽいボケた映像が撮れるからというのが最も大きな理由です。(利便性やダイナミックレンジの広さも関係しています)

このシネマカメラっぽいというのが、大体の映像をクオリティが高いっぽいものに見せます。

っぽいという言葉を多用しているのは代表の語彙力が足りないだけですが、この感覚はとっても重要です。

一般的にクオリティが高いと言われているもののっぽさを追求して、より手軽に表現できるようになることは制作の現場で常に求められています。

と言うのは、制作全体のお話ですが、つまりはカメラ機能を使ってっぽさを出そう、というのがカメラ機能の応用編の内容になります。

カメラオプションが司っているパラメーターは全てボケに関するものです。 どのパラメーターが何に影響しているのか把握しておきましょう。

今すぐにAftereffectsをモノにしたい方へ

Aftereffecstの使い方を0から解説した動画を無料でご視聴いただけます。メールアドレスの登録等も一切必要ございませんので、好きな時間に好きなだけ学ぶことができます。